兵庫県でのご宿泊、宝塚歌劇の観劇などの観光にはホテル若水をご利用下さい。
宝塚温泉の露天風呂、お料理は神戸牛や旬の食材をお楽しみ下さい。

English Page
宝塚温泉 ホテル若水 ちょっと贅沢な、時間。
  ホテル若水(トップ)
  ブログ・最新情報

ベストプライス保証
  宝塚温泉
  和楽遊心スペシャルサイト
  施設紹介
  日本料理「山茶花」
  アロマトリートメント
  若水で思い出づくり
  若水STORY
  アクセス
  周辺情報
  観光リンク
  CM
若水shop
プライバシーポリシー
サイトマップ
宝塚温泉 ホテル若水
宝塚スカイステージ
公式サイト限定WEB予約Tポイントが貯まる・使える
若水STORY 花暦 若水をめぐる物語
花暦 若水をめぐる物語 2004.秋
若水の華やぎ、ひとつひとつに物語がありました。 WAKAMIZU SHORT STORY
写真 鯉の思い出
1階エレベーターホールの横にある池をゆったりと泳ぐ錦鯉。よく見ると1メートル以上の鯉もいて、目を疑うほど大きく、色鮮やかです。ここまで鯉を大きくしたのが実は小早川社長。「小さな頃、家には犬、猫から昆虫、鶏まで。もう何でも飼ってました。あそこを泳ぐ大きな鯉も、20年前はメダカみたいに小さかったんですよ」目を細めて語ります。動物にも人にも、和やかに温かく接する若水の心、ここにも息づいています。
笑顔花咲くお鍋の宴 写真
陽射しが少し緩んで、気がつけば夜がだんだん長くなってきた今日この頃。お鍋が恋しい季節の到来です。気のおけない親しい仲間とお鍋を囲み、湯気の向こうに見えるのはリラックスした笑顔。若水ならではの隠れた仕事がきちんとされた、絶品のおだしや新鮮素材が好評。実はタカラジェンヌの同期会にもご利用いただいています。ついついお箸が進み、身も心も満たされる若水のお鍋の宴、格別です。
 
 
写真 こだわりの器
宝塚の市花、すみれをあしらった器は若水のオリジナルです。若水のイメージをカタチに…とのスタッフの想いから、有田焼の陶工の手で生まれました。やさしい肌の色と愛らしい花柄がお食事の席で皆様の目を楽しませています。お茶碗やお湯呑みは館内のショップでも人気の品。よく見ると内側のすみれはなぜか反対向きに咲いて…。愛らしさの中にある、こんな隠れた遊びが若水らしさなのかも知れません。
女性好みのお酒の話 写真
女性のお客様におすすめしたいのが宮城・一の蔵の発泡純米酒「すず音」。淡雪のような薄にごりのお酒をグラスに注いだ時の、細かい泡からこぼれる音からその名前が付きました。一般の酒屋さんでは売られていない限定品。賞味期限もわずか数日。光にも熱にも弱い…。大切に慎重に扱わなければならないデリケートさの分だけ、一度飲んだら忘れられない爽やかな味と香りが詰まっています。普段「あまりお酒は…」という方からも大反響。今では若水の看板娘です。
 
 
おいしいお話 写真
ロビーラウンジ「すみれ」のスイーツは、厳選された和の素材に若水流の洋風テイストを少しミックスしています。ラウンジオープン当初からそのこだわりを支えているのが地元の老舗和菓子店「菅屋」。抹茶ワッフルの小豆もこちらから。
素材の良さを十二分に引き出した優しい甘さや食感は一流。何度でも食べたくなる上品な美味しさです。
写真 この秋おすすめアロマオイル
日焼けした肌や夏の疲れを回復させるのにおすすめのアロマオイルがあります。身体も心も鎮静する作用があるラベンダーが入った「リラックスブレンド」。活動的な夏が終わり、疲れがたまったからだをケアしてあげるのに秋の夜長はぴったりです。セラピストのやさしく丁寧な手の感触や豊かな植物の香りいっぱいのオイルに包まれる至福のとき、一度体感なさってください。
話題のリラックスチェア 写真
「若水自慢の都会的な風景をお部屋で存分に、ゆったりとお楽しみいただくために…。」関西中の百貨店や家具店を歩き回った若水スタッフの審美眼に叶ったのがアメリカ製のロッキングチェア。やわらかな皮に全身すっぽりと包まれ、窓いっぱいの景色を味わうゆったり感のトリコとなり、「ずっとチェアの上にいたわー」とご満足の声もたくさん。全身をほぐすマッサージチェアと二つ並んで、今日もお客様の極上時間を支えています。
 
写真写真
写真
厳選ルートで松茸を
豊かな秋の恵みにはたくさんの技がひそんでいます。 おしまずに手をかけて
口に入れるたび新しい発見
写真
立ちこめる香ばしさ さっぱり感にこだわりを
写真
 
ご予約電話番号 0797-86-0151
兵庫県でのご宿泊、宝塚歌劇の観劇などの観光にはホテル若水をご利用下さい。
宝塚温泉の露天風呂、お料理は神戸牛や旬の食材をお楽しみ下さい。
宝塚温泉 ホテル若水 〒665-0003 兵庫県宝塚市湯本町9-25
TEL(0797)86-0151 FAX(0797)86-2846
お問い合わせ
Copyright 2005 Hotel Wakamizu All right reserved. Produced by Goddess