兵庫県でのご宿泊、宝塚歌劇の観劇などの観光にはホテル若水をご利用下さい。
宝塚温泉の露天風呂、お料理は神戸牛や旬の食材をお楽しみ下さい。

English Page
宝塚温泉 ホテル若水 ちょっと贅沢な、時間。
  ホテル若水(トップ)
  ブログ・最新情報

ベストプライス保証
  宝塚温泉
  和楽遊心スペシャルサイト
  施設紹介
  日本料理「山茶花」
  アロマトリートメント
  若水で思い出づくり
  若水STORY
  アクセス
  周辺情報
  観光リンク
  CM
若水shop
プライバシーポリシー
サイトマップ
宝塚温泉 ホテル若水
宝塚スカイステージ
公式サイト限定WEB予約Tポイントが貯まる・使える
写真
七五三とは…
男子は3歳と5歳、女子は3歳と7歳の時にお参りをする、親が子供を祝う行事です。

出産の無事安泰を祈る霊跡として、古来よりその伝統をもち、深く信仰されてきた「大本山 中山寺」はホテル若水より車で約15分。お宮参り、七五三に毎年たくさんの人が訪れます。

大本山 中山寺
http://www.nakayamadera.or.jp/
 
一般的な例
祝い方  
本来は数え年だが、満年齢でも構いません。11月15日にこだわる必要もありません。
3歳の時には祝い着、5歳の男子は紋付き羽織に仙台平の袴、7歳の女子は本裁ちの着物に肩上げ・腰上げをして、かかえ帯を結びます。参拝は、神前で鐘を鳴らし、ニ礼ニ拍手一礼。神官にお祓いと祝詞を奏上してもらえます。謝礼の表書きは「御初穂料」か「御玉串料」が一般的です。
挨拶  
本来は参拝後に実家や親戚の家を挨拶回りをします。内祝いとして、千歳飴や赤飯を配り、夜には招待して祝い膳を囲みます。近年では家族だけで祝う家が増えています。
贈り物とお返し  
実家が晴れ着を贈ることが多い。親が子供を祝う行事なので、身内以外が贈り物をする必要はありません。
贈るなら、扇子、草履、リボン、ネクタイなどの小物が良いでしょう。お返しは必要ありません。お返しをしたければ、いただいた金額の1/3を目安に。
千歳飴  
1615年に水飴を発明した大阪商人が浅草寺境内で売り出した千歳飴は、長く伸びるという縁起にあやかり、寿や鶴亀が描かれた袋に入っています。年齢の数だけ袋に入れます。
 
▲若水で思い出づくりトップへ 
ご予約電話番号 0797-86-0151
兵庫県でのご宿泊、宝塚歌劇の観劇などの観光にはホテル若水をご利用下さい。
宝塚温泉の露天風呂、お料理は神戸牛や旬の食材をお楽しみ下さい。
宝塚温泉 ホテル若水 〒665-0003 兵庫県宝塚市湯本町9-25
TEL(0797)86-0151 FAX(0797)86-2846
お問い合わせ
Copyright 2005 Hotel Wakamizu All right reserved. Produced by Goddess